ダイエット

この2問で 0≦x≦2で常にfx<0が成り立つよう

この2問で 0≦x≦2で常にfx<0が成り立つよう。考え方は、下に凸の2次関数が、0≦x≦2の条件で、fxの最大値0、であればよい事になる。高校数学Ⅰです f(x)=x2 2ax+5a 4とする 0≦x≦2で常にf(x)<0が成り立つようなaの値を求めよ という問題があったのですが、解法が分かりません どなたか教えてください 常に成り立つ2次不等式。の変域に制限がある場合。 区間内の最小値 である。 ?+が次の
範囲内で常に成り立つような定数の値の範囲を求めよ。 ≦≦ ?≦≦ ≦
≦ -+=-+-なので。軸は= ≦≦では 軸が区間内なので頂点が。人 すべての実数に対して, 不等式 ^{}+/+/+/ が成り立つ。
うな定数をの値の範囲を求めよ。基本 例題 $$ 不等式が常に成り立つ条件
絶対不等式 $/$ すべての実数について, 不等式 $^{}+++$
が成り立つように 定数の値の範囲をの解答に「=0のとき≦ これは
すべての実数に対しては成り立たない」とあるのですが。どういう意味ですか?

0≦x≦2で常にfxlt;0が成り立つようなaの値を求めよの画像をすべて見る。この2問で。① すべての実数*について, 不等式 +十 が成り立つように, 定数の値
の範囲を定めよ。 衝。 ② すべての実数*に対して, 不等式 ぁ二 が
成り立つような定数の値の総囲を求めよ。与えられた不等式は, についての
次関数=^+++が軸より常に上であることと同値である このそれを
踏まえて, 判別式を用いた解答が生まれたわけです *** 不等式^+++≦
は=のとき, 次方程式, ≠のとき, 次方程式なので状況が違います1。2 恒等式 これから,恒等式,等式,不等式 に関連する説明を行います。
それぞれ独立しておりますが,いろいろなところで関連しています。まず,一つ
一式の変形で導かれる等式は,含まれている文字にどのような値を代入しても
,その等式の両辺の値が存在する限り常に成り立つ。恒等式なので, がどの
ような値でも成り立つので,=,,- 等式が成り立つので,それぞれの値を代入
すると, = の練習問題1 次の等式が恒等式となるように,定数 ,, の値を
求めよ。

考え方は、下に凸の2次関数が、0≦x≦2の条件で、fxの最大値0、であればよい事になる。fx=x2-2ax+5a-4=x-a^2+5a-4-a^2、だから、最大値は、変域の中間:x=1を分岐に変わる。?a≧1の時 ‥‥ 最大値=f0=5a-4<0から、条件と共通範囲はない。?a≦1の時 ‥‥ 最大値=f2=4-4a+5a-4<0から、a<0従って、条件を加味しても、a<0である。以上から、a<0である。こたえa<0解き方x2-2ax+5a-4は下に凸だから0≦x≦2で常にfx0が成り立つにはx=0のときfx0かつx=2のときfx0であればよい。x=0ならfx=x2-2ax+5a-4=02-2a×0+5a-4=5a-4<0移項して5a<4両辺5で割ってa<4/5???①x=2ならfx=x2-2ax+5a-4=22-2a×2+5a-4=a<0???②①かつ②を満たすaの範囲はa<0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です