ベビー

オンライン教育と著作権 施設の管理運営が指定管理を受けた

オンライン教育と著作権 施設の管理運営が指定管理を受けた。指定管理者の性格以前に、ガイドラインでは、○社会教育においては、上記教育機関と同等の年間教育計画を有するところとされており、年間計画による教養講座のようなものが対象で、展示等はふくまれません。とある自治体の公民館に勤めているものです 著作物を翻案して(著作権法48条3)展示しようと思っているものです 施設の管理運営が指定管理を受けた営利企業であっても著作権法35条上の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く )に当てはまるのでしょうか オンライン教育と著作権。キーワード 教育の情報化,オンライン教育,著作権法第 条,公衆送信,補償
金制度 を行う場合,教育機関の設置者は著作権者に補償金を
支払う とする規定本稿は,このような状況下で施行された著作権法第 条
ことでもない.著作権法は,文化的所産としての著作物の公 正な利用と文化の
発展を目的とし,あくまで,その基本原理であっても営利目的で営業している
商業施設や民間企業などをうけた日本で唯一の指定管理団体である一般社団
法人授業

補償金の徴収?分配に係る指定管理団体制度の新設:文部科学省。さらに。第条の適用を受けることができる教育機関は。例えば学校教育法上の
教育機関だけでも万千に上るなど。その数は膨大である。また。同条により
利用される著作物は。教育機関の種類。教育内容及び設置されている地域等
によって

指定管理者の性格以前に、ガイドラインでは、○社会教育においては、上記教育機関と同等の年間教育計画を有するところとされており、年間計画による教養講座のようなものが対象で、展示等はふくまれません。公民館の管理運営が営利企業なのだが、教育機関営利を目的として設置されているものを除くに該当するだろうか?著作物を著作権者の許諾なしで翻案して展示することが公民館で可能だろうか?というご質問でしょうか?「学校教育法その他根拠法令地方自治体が定める条例?規則を含むに基づいて設置された機関と、これらに準ずるところ」であれば教育機関に該当します。しかし公民館は教育機関には該当しないでしょう。仮に35条の教育機関に該当する場合は、著作権者の許諾なしでも翻案できます著作権法47条の6。しかし、それを展示するのは著作権法49条「複製物の目的外使用等」の2項1号に書かれている「公衆への提示」に該当し、複製権や翻案権の侵害になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です