ペット

グリーンゼリー インターネットでいろいろな情報?噂が出回

グリーンゼリー インターネットでいろいろな情報?噂が出回。私は賛成派。18歳の男子です 大阪都構想についてです 皆さんは賛成ですか 反対ですか 意見を聞きたいです (明確な根拠を示していただくと助かります) 回答数によって自分の意見を変えたり、皆さんの意見を丸呑みする訳ではありません 一つの意見として参考にさせていただきます インターネットでいろいろな情報?噂が出回っているため、一つ一つ丁寧に見極める必要があると思っています 何分初めての選挙なもので、、、 ご協力宜しくお願いします ネット時代に必要とされる情報の選択眼。こうしたなかで。人々が真偽のほどは定かでなくても面白いと思ったニュースに
飛びついてしまったり。大量の情報をさばききれないため便利なまとめサイトに
頼るというのはある意味仕方のないことでもある。一方で。これら

ひろげよう情報モラル?セキュリティコンクール。最近。子供がインターネットで知り合った悪い大人に。騙されたり連れ去られ
たりする事件をよく目にします。このたび。「ひろげよう情報モラル?
セキュリティコンクール ポスター部門優秀賞警察庁」を受賞させていただき
。大切なものを守るためにあるパスワードですが。そのパスワードを守るため
に自分から対策をしていくことも大切だということそして。それを受け取った
人達はそのひとつひとつを組み合わせて「私」を想像し。造りあげていると思い
ます。グリーンゼリー。しかし。コンビニではいろんな種類のゼリーが販売されているので。違いが
わからず”なんとなく”選んでいるという人も多いのでは?インド政府によると
,月日現在のインド国内感染者の合計は,例死亡,例となっ
ています。?? ?のオシャレなレディース
ファッションアイテムを展開。 ひとつは 認知症予防にはサプリメントが有効
という研究が進められています なぜサプリメントが必要なのか。どのよう

YF。また。ネット上に出回っている土地の良し悪しに関する噂には。根拠のないもの
も見られます。 風水に精通したテラスベビー たためるヒップ
シートとマザーズバッグがひとつに ダッグ オリーヴ タイガー皆さんは情報を“見極める力”。様々な情報が飛び交う現代において。目にする情報が本当に信頼できるものかを“
見極める力”は非常に重要になっています。の反動で。新しいネットメディアの
特定の情報を感情的に受け入れるようになってしまった状況を表しているのだと
思います。いまや情報の真偽を疑う姿勢は。社会人として必要なことといえる
ようです。同じニュースでも。テレビや新聞などの他のメディアでどのように
報道されているのか。内容を比べるのもひとつの方法でしょう」

つながるちから基本編。インターネット上で発信されている情報は。正しい情報ばかりとは限りません。
そのため。見る人それぞれが。情報が正しいかどうかを確かめたり。自分
にとって必要な情報かどうかを見きわめたりする力が大切になってきます。
インターネットには。みんなの注目を集めるために。けいじ板などにウソや
うわさを書きこむ人もいます。自分が必要としている情報かどうか。
インターネットを利用する目的をきちんと思いかえして。このような情報に
まどわされずに見ぬく力を身SNSは「うわさ」をどう変えたのか。うわさ」を研究テーマにしている中央大学教授?松田美佐さんに。がうわさ
にもたらした影響について。お話を伺いました。による情報発信?収集は
私たちの生活の中でごく一般的なものになっています。あるうわさがネットや
を介して多くの人の目に晒されると。その信ぴょう性について人びとに検証
されるようにもマスメディアに流れないローカルな情報が。写真付きでピン
ポイントに手に入ることはのメリットの一つに挙げられます。

必要な情報をどうやって見極めるか。ネットが普及して。本当に多くの情報が溢れている。間違った情報に
コントロールされていることも多いので。自分が得る情報には気をつけた方が
いい。Q 。必要な情報をどうやって見極めますか?主観は。あなた
にとっての答えではなく。物事を考えるためのヒントやきっかけとして使って
いくといい。ある村に目の不自由な男が3人いた。3人は。「今触っている
ものが何か」という話をしている。1人は。「これはゴツゴツしているから。岩
だ!

私は賛成派。まず簡単に考えてです。都構想が出るって事は、今までの大阪市と大阪府ではこれ以上発展出来ないからです。その一つが、本社機能問題。東京に本社機能か移っての問題もあります。一番は、昔の大阪市がどうだったかです。36歳になる男です。貴方自身に記憶になるかどうかですが、橋下徹さんが知事になり、大阪維新の会を作り、そらからの知事と市長が出来てから、大阪は変わりました。ユニバもほぼそのおかげです。そてと、これは証拠も無いですが私が調べた限り。ちゃんと調べたらあります。前回の都構想のときに、自民、民主旧民主党です、共産、の党の人達が、自民党の演説カーの上で、手を取り合い「話し合えばこのような事ができるのです!」と国政の議員である、辻本清美が言ってましたね。それまで、話し合っても何も出来なかったのに、都構想が出た時からそれ言ってどうなるの?話し合って出来るのであれば、二度目の都構想の住民投票はありません。大阪都構想 → 反対です。なぜなら大阪都構想の目的は 大阪都が、大阪市から「大阪市の税金と大市長の権限」を奪い、自由に使う事です。コレを「賛成」と書いて投票箱に放り込む大阪市民がいたら‥親の顔が見たいです。コロナの影響で来年度の大阪市の税収は500億円減となる見込みです。リーマンショック時と、ほぼ同じ減収額です。大阪の観光産業は、もはや壊滅状態。IRも万博もコロナ問題が解決しない限り失敗に終わるでしょう。カジノで人を集めて儲けようという考え方も今では通用しません。大阪は感染者も多く重症患者数は日本一です。これでは感染者を増やすことになるし、外国から感染者を呼び込むようなものです。ただでさえ最悪な状況の上に都構想の初期費用は241億円ランニングコストは毎年30億円です。都構想の本当の経済効果は1億円です。政令市大阪市は廃止解体され遥かに格下の特別区に4分割。自主財源は1/4に激減。選べる区長は広域行政の権限はなく乏しい財源しか持たない名ばかり課長。単なる大阪府知事の部下に過ぎない。間違いだったと気付いた時にはもう後の祭り。元には戻れない。反対に投票するのは当たり前です。都構想の実態は、これです。前編ほぼ間違ってるよ!大阪都構想!二重行政のデメリット?特別区中編ほぼ間違ってるよ!大阪都構想!橋下維新が掲げるメリットとは後編ほぼ間違ってるよ!大阪都構想!詐欺パネル?変わる財政効果?対案?大阪会議今年住民投票予定の大阪都構想は何故警戒が必要かどちらかというと賛成です。都構想を実現すると、日本の中で大阪の存在感は良くも悪くも間違いなく高まります。また、大阪府に権限が集まるので一元的に大阪府のインフラ整備やイベントなどを行うことができるでしょう。東京一極集中で、大阪関西圏の重要度は下がるばかり、大会社の本社は大阪から東京に移されて、モノづくりの中小企業は海外におされて縮小傾向。この現状を打破してなにかやるには、大きく変えても良いかと思います。ただし、なにかやると必ず成功するわけではありませんのでリスクを取るという意識は必要です。また大阪府の権限が強くなると関西圏の他府県と揉めることが増えないか、いろいろやって発言することで日本の中で大阪のイメージが悪くならないか、ということが心配点です。竹中平蔵のように派遣法で派遣会社の会長職を造った同じことが出来るだけだ、威張る人間が一人できて府民市民は負担が増えるだけだろう、改革とはボスを造るための細工なのだからね、問題が有れば今のままでドンドンやれば良い、その方が府民市民には分かり易い、都構想 賛成ですね、反対する人は何か都合が悪くなる人、つまり今がその人達だけ、大変都合が良い事があるズルい人ですね。自民党本部は都構想賛成で、自民党の大阪府議の一部、大阪市議が反対なのはおかしい!何かある!大阪市は給付金の配布が遅すぎた。コロナの給付金すら他の市町村より遅く届かない。人数が多くて 大き過ぎるので分けないとコロナや災害のように同時多発した案件に対応できないのが、コロナ禍で明らかになった。早急に分けましょう!第三波も ありますし!では賛成意見を。都構想は大阪府市に関する3つの問題を解決するために必要な改革です。「府と市という巨大な自治体が重なって並存している。府立の中学校があり、市立の中学校がある。これは府市並存の弊、二重行政である。それをやめるのには、府市を統合すべきである」これは「府市並存の弊を是正解消し、帝都一般行政の一元的で強力な遂行を期す」として1943年に東京府と東京市を都と区に再編した内務省の官僚で、後に都知事となった鈴木俊一氏の説明です。大阪でも長年に渡って同じ問題が生じていたので、そうした無駄や対立を解消する手段として考えられたのが都構想です。都制はすでに東京で取り入れられている制度です。都構想では後発の強みを生かして、特別区に多くの権限を与える、区間の公平性を重視した区割りなど東京都制の問題点を改善したより良い制度となっています。1.二重行政普通、市町村は福祉などの住民サービス、都道府県は大規模インフラ整備などの広域行政と役割が分かれてますが、大阪市は政令指定都市と言って、都道府県とほぼ同じ権限を持っています。府市は同じような機能を二重に作り、大きな無駄を生んできました。そうした負担によって大阪市民一人あたりの市分の借金は周辺10市平均の約3倍になってしまっています。府市統合で将来に渡ってこうした無駄を無くすことができます。市民一人当たりの借金額周辺10市2.二元行政大阪は、例えば兵庫のように都市部である神戸と都市部以外という境があまり無く、大阪のほとんど全体が都市です。同じ大阪都市圏なのに府と市の意見が対立して常に広域行政がバラバラでした。オリンピック招致もできなかったし、大阪都市圏としての高速道路や鉄道の整備が充分にできませんでした。広域行政を府に一元化することで意見が割れることが無くなり、職員の力も結集できるのでインフラ整備や成長戦略を素早く効果的に実行できます。現在、万博が誘致され、なにわ筋線や淀川左岸線、うめきたの開発などが進んでいますが、これは今の知事市長が都構想を前提に同じ方向を向いているからで、選挙結果によっていつでもまた対立する府市に戻る可能性があります。そうでなくとも細かな部分で府庁と市庁の職員の意見をすり合わせるのに時間が浪費されてしまいます。将来にわたって確実に問題を無くすには都構想が必要です。事業所集積都市圏人口のギャップ3.住民自治大阪市は20以上の市町村がある京都府や広島県と同じ人口規模に市長が1人しかいません。400以上の学校に教育委員会が1つしかありません東京で一番大きい世田谷区でも学校数は100未満です。基礎自治体として細かなところに目が届きにくい、大き過ぎる規模です。複数の特別区に分けて、それぞれの区に公選の区長?区議会、教育委員会、児童相談所、保健所などを置いて住民サービスに特化すれば、より住民の意向が反映された各区の実情に応じた丁寧な住民サービスを行えます。仁坂吉伸 和歌山県知事「いいと思う。制度としての評価をすると、二重行政はあると思う。東京をみているとそんなことはない。整理した方がいいのではないか。大阪市が担っている広域的な行政の部分を大阪府に統合することで、二重行政の解消につながると考えられるので私は賛成」久元喜造 神戸市長「二重行政を解消する有力な選択肢の一つ。大阪の二重行政について議論があり、弊害が広く認識されていた」荒井正吾 奈良県知事「大都市では中間自治体と政令指定都市との役割分担があいまいなままになってきた歴史がある。行政効率化のためにそうした構想を出されるのは大変立派なものだと思っている」井戸敏三 兵庫県知事「今回は二重行政の廃止という意味でのねらいがはっきりしており、そのような方向で東京に対抗できる地方行政システムが誕生することは歓迎していい。関西の地域リーダーとしての役割を大阪に果たしてもらわねばならない関西圏域からすると望ましい方向ではないか。大阪都ができて首都圏に対抗できる大阪圏、関西圏として機能していく1つの大きな要因になりうるという意味で大いに期待している」うめだ信利 葛飾区議会議員無所属「大阪都構想に反対の各党所属の東京都の区議会議員の皆様は、23区を見直して一つの東京市の方が良い制度とお考えなのでしょうか?東京都と特別区のあり方は満点ではありませんが、大阪府と大阪市の関係よりも住民にとってはより良い制度だと私は思います。課題もあり満点ではありませんが、東京市よりも23特別区の方がいい。なら、大阪市よりも特別区の方がいいに決まっています。区長が選挙で生まれ、住民により近い行政サービスができます。」西川太一郎 東京都荒川区長「大阪都構想がうらやましい。大阪都構想が実現すれば、東京の地方行政としてのモデルになる。特別区長は選挙で選ばれているから、アイデアを出せる。住民サービスを良くするために特別区間で切磋琢磨する環境が生まれる。荒川区は23区中で女性が一番多い。それは特別区になって、子育てしやすく、治安がよく、若者が就職しやすい街にした。アイデアのある特別区長を有権者が育て上げれば、もっと大阪はよくなる。大阪都構想に反対する理由が見当たらない。」田中大輔 前東京都中野区長「都構想、なんだ良いことやってるじゃんという印象。ぜひ実現していただきたい。東京特別区で望んでも実現できていないことが、大阪では実現することになる。その事によって東京でも自治が大きく前進することになる。大阪都構想の特別区は中核市以上を上回る権限を実現できている。児童相談所、小中学校教員の人事権、病院?保育所?介護福祉施設の許認可など、基礎自治体の将来の政策展開に不可欠な権限がしっかり付与されている。東京の都区制度の課題も解決している。特別区人口はかなり均衡がとれている。区間の公平性が保ちやすい。東京では千代田区5万人に対して世田谷区90万人。大阪都構想の特別区は基礎自治体として最適な規模だと思う。政令市として享受してきた権限をほとんど損なわずに各区の権限につなげることができている。東京23区は東京市を分割したのではなく、行政区としての区に東京市の事務を移して自治権を外付けしてきた経緯。今回の大阪都構想は、逆に大都市大阪に相応しい基礎自治体を想定し、設計当初から強い自治権を実装した新たな自治体を作るもの。東京23区より遥かに制度的に優れる。都区協議が不調になった場合、調停機関として第三者機関が想定されているのも良い。東京ではどうしても都側の言い分が通りやすいが、第三者機関を通じて調整することは、より客観的、機動的に都区の調整が出来ることにつながる。大阪都構想では、かなり詳細に積み上げられた事務配分を踏まえて、市税充当事務の77%を区、23%を府に渡すことが示されている。東京では区が55%、都が45%だが、都全体の事務内容が明示的に示されたことはない。出発点から公平で、知事の恣意的な運用への牽制が働きやすい。東京はそもそも、元々二重行政がない。逆に、今の大阪市の状況は、大阪市民の税金で市民がメリットを享受できているかというと明確で無い。市がやってきた大きなビルも港湾も府民全体の利益に関わるもの。府がやればいい話だが、これまではそういう調整が出来なかった歴史があるのだろう。大阪府880万人分のインフラを、大阪市270万人だけで負担しているのが異常。大学とか港湾とか、東京ではおよそ想像がつかない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です