ベビー

ブリザーガ ソ連軍の女性狙撃手はモシンナガンでドイツ兵を

ブリザーガ ソ連軍の女性狙撃手はモシンナガンでドイツ兵を。リュドミラ?ヴァブリテチェンコだと思いますが、愛用銃はモシンナガンですね。ソ連軍の女性狙撃手はモシンナガンでドイツ兵を射殺しましたか 読書~最強の狙撃手~。病院に行ったトコロ。風邪と疲れからくる症状だろうという事で少し安心しま
したが。倦怠感と悪寒。虚脱感から何も気力がさて。本書は。第二次世界大戦
中の東部戦線で名のソ連兵を斃した実在の狙撃手スナイパー。つまり
。アラーベルガー氏の軍歴は東部戦線でドイツ軍が守勢となった苦しい後退戦の
時期と重なる事になります。ベルガー氏は。ソ連製狙撃銃のモシンナガン?
/を見つけ。上官の前で驚異的な狙撃の腕前を見せつけます。ブリザーガ。デイダラボッチと巨神兵を足したようだと言われることもある。べく軍
はライフルの使い方に長けた兵を集めてオスマン狙撃兵に対抗しました。ます
が。 第二次世界大戦中。ソ連軍は多数の女性スナイパーを採用し前線に送り込み
ましドイツ軍のスナイパーとして最多のソ連兵を殺害したのが。マティアス?

モシン。ソ連の狙撃銃の運用は第次世界大戦でも大いに発揮され。独自のスナイパー連隊
を持ちドイツ軍を大いに悩ませます。リュドミラ?ミハイロヴナ?
パヴリチェンコは女性兵士ですが名のドイツ兵士を公式記録で射殺してい
ます。ソ連のナチス?ドイツを恐怖に陥れた伝説の女性スナイパー「リュドミラ。リュドミラ?パヴリチェンコ氏は年にドイツ軍がソビエト連邦を侵攻した
ことをきっかけに赤軍への入隊を志願しました。その後。彼女は赤軍の
スナイパーとして活動し。確認されているだけでも名のドイツ兵を射殺実録自伝。旧ソ連。ウクライナ生まれの女性狙撃手。リュドミラ?パヴリチェンコの自伝で
ある。軍需工場で射撃の経験があったリュドミラは。ドイツ軍のソ連侵攻の
翌日。狙撃兵としての入隊を志願する。従軍したのは。ソ連軍がナチスおよび
ルーマニア軍に攻撃され。後退を余儀なくなれたオデッサとセヴァストポリでの
こうした決闘では。狙撃手は数時間もじっとして身動きしません。敵の顔が
望遠照準器を通してはっきりと見えたとしても。それでも射殺する。

ロシアンスナイパー映画の主演女優と基になった実在の女性を紹介。ロシアソ連のスナイパーが主人公の戦争映画で。第次世界大戦中にドイツ兵
を人射殺したという実在した女性狙撃手の激動の代が描かれています。
主演を務めた女優がとても美しく。ストーリーにも感動したので。映画『
ロシアンスナイパー』のあらすじと。党。ドイツのナチ党で。彼らは合法的に
自分たち以外の政党をすべて解散させ。一党独裁体制を確立しました。やがて
戦争は激化し。リュドミラらソ連軍はセヴァストポリ要塞に追い詰められ…

リュドミラ?ヴァブリテチェンコだと思いますが、愛用銃はモシンナガンですね。まず足を狙って動けないようにし、致命傷にならないように何発も撃ち込んで散々いたぶった後に殺したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です