アイドル

レコードの仕組み知ってる レコードのフォノイコライザ接続

レコードの仕組み知ってる レコードのフォノイコライザ接続。フォノイコライザーはレコードの溝の特性に合わせたRIAAと言うカーブ低音を抑え高音を強調してカッティングされてるのでそれを元に戻すためのイコライザーで、高価にも廉価にも作れます。レコードのフォノイコライザ接続についてこの度、レコードプレーヤーとプリメインアンプを新調したので接続しようとしているのですが、プレーヤー側にもプリメインアンプ側にもフォノイコライザ が搭載されており、 どのように接続すべきか教えてください

?プレーヤー:Technics SL 1500C
https://jp technics com/support/download/operating instructions/sl_1500c pdf
?プリメインアンプ:DENON PMA 1600NE
http://manuals denon com/PMA1600NE/JP/JA/DNTXSYawisdrsc php

具体的に不明な点を挙げると
?SL 1500C説明書12ページの「外部出力端子に接続」を選ぶべきか、13ページの「PHONO出力端子に接続」を選ぶべきなのか
?PHONO出力端子に接続の場合、プレーヤー側のアース端子を、プリメインアンプの「アース端子(SIGNAL GND)」と繋げるという認識でいいのか

以上、初歩的な質問ですみませんが、レコード師匠の皆さん、ぜひご教授くださいませ???音の工房。安いスピーカーだったので動作確認程度の軽い気持ちだったのですが。出てきた
音が思いのほかすばらしい音で。年愛用していたアンプがダウンしアンプ。
フォノイコライザーを探していたら。音の工房ホームページにたどり着きました
。を利用しています。プレーヤーの出力はデジタル系統のみなので。
を使用し–に接続しましたところ。これまでにプリメインアンプの
-や。 -等他社の真空管アンプも使用してき
ました

レコードの仕組み知ってる。レコードに音楽が記録される仕組みから。価格で買える入門向けレコード
プレーヤーまで徹底解説しそこで。これからレコード再生を始めたい人必見の
企画をご用意しました!この溝にカートリッジの針先が当たることで音楽
として再生される仕組みだ。プリメインアンプではなく。フォノイコライザー
が内蔵されているアンプに接続しても。シンプルなこの点についても。
レコード再生がすぐに楽しめるという合理的な観点からの仕様といえる。レコードプレーヤーの使い方と接続方法。アース線は適切にアンプ側につなぐことが重要です。そしてレコードプレーヤー
の設置方法も重要です。しっかりとした床やラックに水平に設置してください。
水平器を使って正確に

超初心者のための「フォノイコライザーって何。レコードプレーヤーを買ってお手持ちのミニコンポやアンプにつなぎたいという
方も多いのではないでしょうか。今回はレコードを再生する時に必要となる
フォノイコライザーについてご紹介します。通常。-オーディオ用のアンプ
にはフォノイコライザーが搭載されているので。 端子に接続すれば
です。 その一方低い音や大きい音は振幅が大きいため針の動きが大きくなり。
そのまま記録したのではレコード針が溝から飛び出してしまいます。レコードプレーヤーの必須知識。レコードプレーヤーを買う前に知ってほしい「フォノイコライザー」と「
カートリッジ」とは何かをご説明しますフォノイコライザー」搭載かどうかは
アンプ側に「 」という入力端子があるかないかでわかります
プリメインアンプには「フォノイコライザー」が搭載されているので。
端子にレコードプレーヤーを接続すればです搭載されているモデルであれ
ば。 端子のないミニコンポなどでも接続してアナログレコードの音を

初心者のためのプリメインアンプの選び方。プリメインアンプとは音域のバランスを調整するプリアンプと音を増幅させる
メインアンプが一体となった製品です。レコードプレーヤーを接続するなら
出力レベルを引き上げるフォノイコライザーは必須の装備端子
を装備したプリメインアンプであれば。スマートフォンやなどに保存された
デジタル音源を端子経由で再生することがですので。などに入った
デジタル音源をアンプを経由してスピーカーでも楽しみたい方はチェックしてお
きましょう。

フォノイコライザーはレコードの溝の特性に合わせたRIAAと言うカーブ低音を抑え高音を強調してカッティングされてるのでそれを元に戻すためのイコライザーで、高価にも廉価にも作れます。なので安いレコードプレーヤーでも内蔵されてます。今回の場合は音質重視されてるアンプ側のフォノイコライザーを使うのがよいです。レコードプレーヤーのためにアンプのLINE入力も減らすこともないのも理由です。つまりレコードプレーヤーをPHONO端子に繋ぐを推奨します。当然 どちらでも良いのです。普通は アンプのフォノを使うのが 一般的で??? プレーヤー搭載のフォノイコは オマケの様な存在でしょうね。 フォノイコを搭載し レコードプレーヤーの購入導入のハードルは下げる 目的なのでしょうね。まぁ- フォノ出力は ライン出力に比較すると 数十分の一と言う かなりな微小信号です。 長くは引き回す事は出来ず 精々1.5m程度までです。 どーしても 離れる場合は ライン出力の方が良い事もあります。二通りの接続ができます。一つは、SL-1500CのPHONO出力端子およびPHONOアース端子から、PMA-1600NEのPHONO入力端子およびアース端子SIGNAL GNDにつなぎます。もう一つは、SL-1500Cの外部出力端子から、PMA-1600NEのライン入力端子CDまたはNETWORKにつなぎます。どちらが音が良いかは、実際につないで比較してみないと分かりませんが、大きな違いはないでしょう。接続が楽なのは後の方です。2方法考えられます。① 13ページの設定 プレーヤーのPHONO出力を使う 13ページの接続 アンプのPHONO端子を使うプレーヤーはPHONO出力端子を使う これでプレーヤーとアンプを接続 その時プレーヤー裏側スイッチをOFF② プレーヤ裏のスイッチをON アンプの外部入力に接続 プレーヤーのフォノイコライザーが動作するのでアンプのLINE-IN 或い はAUX-IN に接続します アンプ側のフォノイコライザーは関係なくな ります買わずに答えるのも変ですけど?SL-1500C説明書12ページの「外部出力端子に接続」を選ぶべきか、13ページの「PHONO出力端子に接続」を選ぶべきなのか。これはぜひ両方試したいですね。ですが、PMA-1600NEならばそれにイコライジングを任せるほうが良いだろうなつまりPHONO端子出力、と私は思います。ただ、聴き慣れないうちは、違いはわからないと思います。?PHONO出力端子に接続の場合、プレーヤー側のアース端子を、プリメインアンプの「アース端子SIGNAL GND」と繋げるという認識でいいのか。その通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です