ダイエット

ローン担保証券CLOとは いまローン担保証券CLOという

ローン担保証券CLOとは いまローン担保証券CLOという。18歳でリーマンを経験しました。9月15日の今日はリーマンショックの日です

何か思うことありますか 記事みて

忘れたころにやってくるものは、もうはじまっている
【12年前の今日:リーマン?ブラザーズ経営破綻】
9/15(火) 7:00配信

BEST TIMES

12年前の今日、アメリカの投資銀行リーマンブラザーズが経営破綻 いわゆるリーマンショックという世界金融危機がはじまったのは記憶に新しい??? いや、もうこのニュースですら忘れられたのか

忘却はある意味、幸福に生きる条件かもしれない どんなに世界から食い物にされようとも思考停止している限り気持ちは穏やかだ

しかし、確実に変わってしまった状況がコロナ以後の世界では「他人ごと」ではいられない修羅場が待っているというお話です

??破綻は、時間をかけて準備されている

12年前の今日、2008年9月15日、日本は敬老の日だった その日、当時アメリカ第4位の投資銀行?証券会社だったリーマン?ブラザーズが破綻、いまだにアメリカ史上最大の倒産記録だ 「リーマン?ショック」は和製英語で、日本のメディアや役所に特有の、事象を矮小化する呼称なので要注意 世界では普通に「世界金融危機」と呼ぶ

崩壊するバブルを招来したのは様々な金融派生商品だが、とくにサブプライムローンという低所得者に高金利で大金を貸し付ける、無茶な住宅ローンが主犯だった

金融用語はわかりにくい 金融商品はもっとわかりにくい しかし、理解しようと思えば簡単だ ローリスクローリターンか、ハイリスクハイリターンのどちだかだからだ ハイリスクハイリターンなやつを身の程知らずに買い続ければ、そりゃいつか破綻する まだ大丈夫というその一歩先に、阿修羅が待っている

証券化されてガンガン投資マネーを集め注ぎ込む 満期があるから、いつでも処分できるものでもない 半グレ情報商材と何が違うのかというヤバさは冷静に考えれば、わかりそうなものだが、目先の成績だけを追うエリート集団が売りまくった

さかのぼって1997年、日本四大証券の一角を占めた山一証券が損失隠しで廃業に向かっていったのも同類 業界4位の大手は危ない 政府が莫大な資金を投入したり、他行が救済を申し出て、終息する リーマンでは「大きすぎてつぶせない」という名言が残った

つぶれるのは張本人たちではなく、巻き添えを食ったその他大勢だ 山一の従業員も「社員は悪くありませんからっ」と号泣する社長のおかげで多くは外資大手のメリルリンチに引き取られた これらはみな、誰もがおかしいとうすうす思っていながら止めず、「やばすぎて止められない」限界以上に積み上げた結果、ダムが決壊した例で、ある日突然起きるわけではない 時間をかけて起きている

いまローン担保証券(CLO)というハイリスク金融商品の残高は世界で82兆円(2018末)、サブプライムローンのピーク時(2007年)残高130兆円に比べればまだ少ないが、本邦金融機関の世界シェアは18%もある 農林中金はこれを7?7兆円(2020年)も保有している「クジラ」だ

80年代の不動産バブル、90年代のバブル崩壊は日本国内限りのローカルな出来事だったが、リーマンショックではアメリカから世界中に津波が押し寄せた 現在、あらたなリスクを言われるCLO、あらたな金融商品も世界中にばらまかれている

欲張りすぎて破綻するというシンプルな話だが、被害は無辜の民に及ぶ 戦争を起こした連中は戦死しない 戦争で稼いだ連中も損害賠償してくれない

金融危機の結果、ツケを払うのは平民だ 政治の腐敗でバカを見るのも必死で納税する平民だ 根拠も無く、欲深い他人や、お国を信じて任せるからバチが当たるので、これは自己責任 市場では誰かの損は誰かの得である 地震雷火事、親父がいなくて金融だ 天災と大差はない 市場はいつもチキンゲームだ

??いつまでカモられれば眼が覚めるのか

仕掛け方はいつも欧米にいる いまだにジャパンはいいカモだ バブル崩壊で、日経平均は約5週間で半分にまで下がった 自分はやばい金融商品に投資したわけでもないのに、リーマンショックのせいで、何が起きているのかわからないまま会社は倒産、派遣切り、雇止め、リストラ、解雇にあって、仕事を失い、路頭に迷った人は多い

これを自己責任というのは酷だ 翌2009年、日本の就業者はおそよ200万人減った アメリカではすでに前年から700万人いた失業者が、翌2009年には1400万人に及んだ

https://news yahoo co jp/articles/1ccd98e5c91a393b3dcd686829d2e2547afe6e3eCLO=ローン担保証券ってなに。実は日本の大手金融機関がそんな金融商品をかなり持っていて「注意が必要です
よ」と忠告を受けています。値上がりするときもあれば。値下がりすることも
あります。と。欧米で作られたは去年の年末時点で億ドル?およそ
兆円ありました。年から倍以上に増えました。 このうち日本の金融機関
が持っているの残高はこちら。世界的な金融危機につながった年の
リーマンショックの引き金は「サブプライムローン」という信用力が

ローン担保証券リスク警鐘。信用力が低い企業への融資をまとめて証券化した高利回りの金融商品「ローン
担保証券CLO」への懸念が運用難を背景に。農林中央金庫農林中金
など3社が巨額資金を投じており。合計は約12兆円に上る。年のリーマン?
ショックの引き金となった信用力の低い個人向け住宅ローンサブプライ
ムローンと仕組みが似ていると指摘されている。今年9月末時点の投資残高は
農林中金が7兆9000億円で国内最多だった。スポーツ?健康のいま忘れたころにやってくるものは?もうはじまっている12年前の今日。いまローン担保証券というハイリスク金融商品の残高は世界で82兆円
2018末。サブプライムローンのピーク時2007年残高130兆円

忘れたころにやってくるものは。いまローン担保証券というハイリスク金融商品の残高は世界で82兆円
2018末。サブプライムローンのピーク時2007年残高130兆円
に比べればまだ少ないが。本邦金融機関の世界シェアは18%もローン担保証券CLOとは。日銀と金融庁の調査によれば。年末時点の世界の残高は兆円。日本勢
のシェアは市場全体の%年月末時点にのぼる。特に農林中央金庫の
保有残高は世界最大

18歳でリーマンを経験しました。30歳でコロナを経験しました。潰しが効くように、ひとつの道を極めた仕事がしたい第一次産業、第二次産業あっての第三次産業ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です