ダイエット

佐山雅弘質問箱 ジャズのアドリブって一曲が出来れば他の曲

佐山雅弘質問箱 ジャズのアドリブって一曲が出来れば他の曲。枯葉が出来ても、他の曲は出来ません。ジャズのアドリブって一曲が出来れば、他の曲も出来るのでしょうか 枯葉が出来ても、他の曲は出来ません 枯葉しか出来ない状態になります ジャズの曲ってスタンダードだけでも膨大な量ですし 確かにプロは初めての曲でもアドリブ出来ますよね なんで どうして 何からアドリブの練習を始めればいいの。レッスンなどでよく 「なにから練習するのが良いでしょうか?」とご黒本
以下。納浩一さんのスタンダードブックなどから決めても良いのかなと思い
ます。まずは「曲通して演奏し。それを録音して聴いてみる」曲だけを
ずっと練習しているよりも。ぐんぐん成長できると思うからです。新しい
フレーズが○個演奏できればクリア!」?って実は簡単だった

禁断のジャズ理論。で友寄 隆哉の禁断のジャズ理論。とても簡単にジャズのアドリブが
できるようになる教則本です。それらをきっちり習得すれば“正統的”な
アドリブ演奏はできますが。毎日頑張って練習してもスタンダード曲が弾ける
ようになるまでに何年もかかってしまい。ジャズ初心者願わくは。同氏著
リズム本と合冊して1冊にまとめても良かったのでは???と思いますがそこは
御愛敬ということで。ジャズを演る人たちの必携書になる日も遠くはない
んじゃないでしょうか。アドリブの練習の二回目/ジャズ?ポピュラー音楽理論レッスン。アドリブといってもいろいろな音楽スタイルによって現れてくる形も多少違っ
ていますが。ここでは「音楽」で言うを演奏するにあたっての必要不可欠
の「物理的技術」の一つは。「音を奏でることが出来る」ということでしょうか
。とにかく音を奏でる事ができれば。それで必要にして十分なのですが「
どなたかと一緒に演奏する」。「何かを他の人にさて。「分散和音」と聞いて
。「一抜けた」前回のアドリブ即興演奏-でも同じことを言いましたっけと思
われた方

佐山雅弘質問箱。全員楽器は経験しているのですが。ジャズについては初心者でアドリブをどう
演奏して行けばいいのかよくわからずにドラムのフレーズを完コピと云われて
も無理ですから。大事だと思われる場所のアクセント位置を押さえる程度で良い
でドラマーが①曲の構成②強弱のつけかた③出来ればセクションの呼び込み
前もってのフィルイン理想的には転調もに。「ドラムは陰の指揮者だ」
なんてビッグバンドではよく言われるそうですが。小編成でもやっぱりそう
でしょうか。ジャズライブハウス。例えば。ジャズライブの場合。リスナーが聴きたい曲が必ずしも演奏されない
ことが多いのはなぜでしょうか?せっかくミュージシャンが良い演奏をしても
。それが適度な音圧と残響を持って聴こえて来ないと音楽を楽しめませんが。
特にタッチをどのようにコントロールできるかが鍵で。微妙なタッチから強い音
まで弾き分けられるのが良い楽器なのです私の場合は。メロディアスな
アドリブフレーズが演奏された瞬間に「ああ。いいメロディだな」「もう回聴き
たいな」と

枯葉が出来ても、他の曲は出来ません。そんな事はないです枯葉は、とても重要な曲です。このパターンはいたるところで使われています。コード進行見てみましょうCm7-F7-B?M7-E?M7Am7?5-D7-Gm-G7繰り返すCm7-F7-B?M7 はB?M7へのツーファイブです。Am7?5-D7-Gm はGmへのツーファイブメジャーマイナーツーファイブ平行調へのツーファイブで、これがジャズの最も基本となる進行です。枯葉は、Gmですがこれを例えばAmでDm7-G7-CM7-FM7Bm7?5-E7-Am-A7FmでB?m7-E?7-A?M7-D?M7Gm7?5-C7-Fm-F7CmでFm7-B?7-E?M7-A?M7Dm7?5-G7-Cm-C7BmでEm7-A7-DM7-GM7C?m7?5-F?7-Bm-B7といろんなキーでやることがツーファイブの理解と、4度進行の理解を確実なものにし理解の深さ、アドリブの質を高めます。F?mでBm7-E7-AM7-DM7G?m7?5-C?7-F?m-F?7C?mでF?m7-B7-EM7-AM7D?m7?5-G?7-C?m-C?7平行調と、ツーファイブと4度進行を頭にたたきこむのでこれほど重要な曲はないといってもいいぐらい非常に重要な曲です。枯葉のキーGmでできること、把握していることを全部のキーでできるように練習します。ジャズはⅡ-Ⅴの組み合わせと、ほとんど4度進行で出来てますからⅡーⅤーⅠも4度進行この辺が分かればどんな曲でも弾ける様になります。だからジャズはⅡーⅤと良く言う訳です。枯れ葉しか出来ないと言うのは、まだ良く分かってないのかと思います。他の曲のコード進行と枯葉のコード進行を見比べてみて下さい。枯葉の出だしのCm7-F7-B? と 5小節目からのAm7-5 – D7 – Gm このふたつのツーファイブ進行が出来れば、かなりの他の曲も移調することでやれるようになってきます。もちろん、枯葉には無い進行、OLEOなどの俗にB?循環と呼ばれる曲類や、基本のジャズブルースなど、やっていけばかなりの他の曲もやれるようになってきますよ。多くの曲で訓練してるからね。似たような展開には慣れてる。最悪、コーダルに対応できる。ってことでしょうね。曲単位で考えるのではなく、アドリブにはある程度のパターンがあるのでそれをつかんだ方が早いと思います。おんなじフレーズでもそのまま他の曲でも使えるものとかあるし、コード進行が一緒なら尚更。そもそもジャズは同じコード進行がけっこう多い。枯葉なんて定番中の定番の進行ですし。ペンタとかブルーノートとかオルタードとかスケールを覚えて色んなパターンを練習して、それらを曲の中で応用していく。それが面倒ならひたすらプロのアドリブを真似する。いくらでもやりようはあります。他の方もおっしゃるように、持ちネタストックを地道に増やしていくのがいいと思います。そのためには練習ですね。自分にも言い聞かせなきゃあとは、ジャズは自分だけでは成立しないのでセッションの数をこなすことも大事です。その場の空気感や共演者のアドリブなどとも呼応することで、よりジャズっぽい演奏になります。自分一人で練習しつつ、時折他の人と合わせるのも大事ですね。それに何より、楽しいし。プロが初見で対応できるのは、純粋に私たちとは積んできた経験量が違うからです。枯葉のよろしいところはBbのメジャーⅡ-Ⅴと GmのマイナーⅡ-Ⅴで出来ているところ。この一曲で繰り返しアドリブに慣れていくことで手癖?持ちネタなどを増やしていきます。これだけだと他のキーの応用が効かないのでキーを変えて練習するか、他のキーの曲に挑戦したりして得意なキーを増やしていく。メジャーとマイナーのⅡ-Ⅴがいくつかのキーで対応出来る、というだけでもかなりの曲に応用できるはず。「プロは初めての曲でもアドリブ 出来ますよね?」出来る人は初見の曲の中のコードの動きに既知のコード進行を見出して対応したり、コードよりもキーに合わせた奏法でフレーズを考えたりしているんだと思います。実際にアドリブ を習った時は、枯葉ばかりやるわけではなく、早い段階でFブルース、循環モノ、セッション定番のものを数曲、練習しました。でないといつまで経ってもセッションに参加できないので。1曲ができれば他もできるというわけではないけれどそこらは才能のある人は1曲でも複数曲でも同じようにできますが、できない人は複数曲のアレンジ?アドリブコピーをしてアドリブパターンのストックを豊富に持っておく位でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です