ダイエット

性同一性障害を精神障害の分類から除外へ 性同一性障害当事

性同一性障害を精神障害の分類から除外へ 性同一性障害当事。分類するのは難しいですね。性同一性障害当事者は健常者と障害者どちらに分類されますか WHOが性同一性障害を「精神障害」の分類から除外しました。性同一性障害が「精神障害」の分類から除外され。「性の健康に関連する状態」
という分類の中の「性別不合」に変更されることになりました。や差別の大半
は。精神病と見なす医療制度のあり方に由来するもので。トランスジェンダーの
メンタルヘルスの悪化をもと分類されなくても。当事者が望めば性別適合手術
などの医療行為を受ける権利は保障されるべきだ」としています。性同一性障害を「精神障害」の分類から除外へ。一方。同性愛に分類されるレズビアンやゲイについて。WHOは。年の国際
疾病分類の改訂で精神障害の分類から除外し。差別的なイメージの払拭に
つながったとしています。 記事の内容は作成当時のものです

分類するのは難しいですね。何故なら当事者の中に 誰からも気づかれない普通の外見と声をした方もおられます。そういう方は、性同一性障害自体が過去のもので 過ぎ去った思い出レベルになっているでしょう。そんな性を変えて どこに行っても 誰かも特別視されず普通に生活できる外見のレベルなら健常者でしょう。ですが 当事者の中で そのレベルは、少数だと思います。第三者から見て おかしい 元の性がわかってしまう程度の方なら その方のためにも障碍者として 温かく見守るべきかと思います。性同一性障害って言葉自体が今は性別違和に変わりましたよいずれは性別不合になるらしいです…性同一性障害は医師に診断された診断名です本人が困っているなら障害者に分類し、本人の生活を困難にする社会的障壁を除去する為の活動を国及び地方公共団体は行うべきそういう社会になると良いですね健常者ですね。障害者手帳や年金を受け取れる訳ではないので。ただ一応は性同一性障害者の為の特例の法律があり、合理的配慮を求める事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です