アイドル

日本仏教における因果応報の研究 仏教における神は解脱に至

日本仏教における因果応報の研究 仏教における神は解脱に至。ポイントは、仏教経典に登場する梵天ブラフマー神が創造神として描かれていないことです。仏教における神は、解脱に至ることもできていない存在で、仏に比べればその精神性において遠く及ばないものでしかないんでしょうか 日本仏教における因果応報の研究。で。中世や古代にまで遡らせることはできないのではないか。同じく「在来の
神祇信仰も仏教との接触により「神道」として形成されてゆく。その 重の過程
を 意味するに密教化というのは。正確に言えば「本覚思想」気の遠く
なるほどの時間を輪廻しながらその場合。日本の民俗信仰における神の観念も
後者に属すると見なされる。教的により高次の存在仏教では解脱者仏
。修験道では阿闍梨。諸教では神?霊媒者これと比べれば像法は上根上機で
ある。近世日本における経世論的宗教論と「神道」。いう「儒学」の「自らの宗教性」とは何か。黒住は明言していないが。天や祖先
を祭祀すを含んで近世儒教であると見ることもできようし。それは近代以降の
「神道」に儒教的要 素が多分に含まれていることを考慮すれば。何ら不自然な
ことではない。近世において神 道?儒教?仏教の区別は決して自明的なものでは
なく。近代以後の○○とはいえ。その「神秘主義」なるものは宮崎独自のその
場限りの概念として用いられて論に比べれば。あまり注目もされていない
らしい。

ポイントは、仏教経典に登場する梵天ブラフマー神が創造神として描かれていないことです。ブッダ時代当時。ブッダが教化の対象とした民衆はバラモン教世界観を常識として持つ人々でした。彼らにとって、ブラフマー神は創造神です。仏教の特徴は、バラモン教後のヒンドゥー教の神々をも縁起により存在するものであると規定し直したということです。「ブッダ?ダンマの説く阿羅漢の境地の方が神々の境地よりも上だ」ということをブッダと仏弟子たちが説いていることを当時の民衆は明確に理解しました。これは衝撃的なことだったと思います。言い換えれば、ブッダと仏弟子たちは、それまでのバラモン教の宗教世界観をやんわりと斥けていることになります。つまり、仏教はバラモン教=後のヒンドゥー教とは異なります。ヒンドゥー教では、神々は真理を擬人化したものであり、神とは真理そのものを指します。本来の仏教は真理主義ではないと言われる所以です。仏教の立場は、非自然であり、非真理主義です。自然を超克する。人間の精神の可能性を高らかに宣言する。人間の生き方と精神性を中心課題とする新しい宗教の創出でした。ブッダの教えは当時、”流れに逆らう教え”とも呼ばれていました。また、”来て、実際に試せば直ぐに分かる教え”とも言われていました。実践宗教なんですよ仏教が意識している神とはそれ以前の原始宗教に存在した神々のことで、仏教ではそれらの神々を輪廻転生する6つの世界の最上位「天」の住人と位置づけました。仏は輪廻転生から解脱した高位の存在ですので、単純に言えば前述した神々より上位ということになります。ただ、ユダヤ教とその派生であるキリスト教?イスラム教の唯一神はそれらをも凌駕した全ての世界全ての次元全ての時間の創造主ですので、まあそれぞれの教義にそれぞれ相手の存在を意識して記述されていませんので相対的な判断でしかありませんが、唯一神創造主の方が仏より上位となります。dava は san さんが言われるように突然生まれる生き物で、何らかの種類の dava に生まれさせた高い徳はあっても、それは徳や善の話で、心の面は何らかの幸福に惑溺しているのでまだどっぷり凡人で、当然阿羅漢である仏陀や、聖なる弟子とは雲泥の差があります。阿羅漢は既に輪廻を断ち、他の三種類の聖人は最長でも七回生まれるうちに涅槃から脱しますが、dava は一般の生き物と同じで、まだ際限なく輪廻を繰り返さなければなりません。初期仏教経典によれば、ブッダには十号と呼ばれる十種類の尊称があるのですが、そのうちのひとつに「天人師」satthā devamanussāna? というものがあります。これは、天 deva と人間 manussa の 師匠 satthā を意味するものですから、端的にブッダとdevaの関係を表現していると思います。天、つまり神々も、人間と同様、ブッダの弟子とされる存在に過ぎないわけです。注意すべきなのは、本来のパーリ語における deva という語には「天」ないし「天人」、あるいは日本人がイメージする「神」の意味はないということです。devaとは、生殖によらず業によって自然発生的に生じる生命体であるというのが仏教的な定義です。これを化生と言います。devaのほか、地獄の生命も化生です。ちなみに地獄というのも中国語であって、本来のnirayaには地下といった意味はありません。ですので、神とか天上界、あるいは地獄といった漢訳の際にあてがわれた中国語から受けるイメージを元に deva を解釈するのは間違いです。化生である deva にも二種類あり、ひとつは物質的な要素も持っている「色界」の生命、もうひとつは物質要素は持たず、純粋に心的なエネルギーからなる「無色界」の生命とされます。色界の生命よりも、無色界の生命のほうが物質的制約から解放されている分、煩悩も少ないと言われます。しかし、完全に煩悩を滅しているわけではないので、存在するということを超えることができず、deva として生じているわけです。完全に煩悩を滅し、存在を超越しているのは阿羅漢と呼ばれる聖者だけです。阿羅漢とはつまりブッダのことであり、煩悩の滅尽によって輪廻的生存から解脱し、死後には二度と再生しません。この境地こそが仏教が説く最上の境地であり、devaよりも優れた唯一の境地になります。微妙なところです。仏典は特定の作者が作ったものではなく、何百年間にも渡って様々な時代の名もない仏典作家たちが妄想力の翼を羽ばたかせて自由に綴った物の集合体ですから、細部の整合性が一貫していないことは多いのです。神の諸設定にしてもバラモン教の設定を素朴にスライドして流用した部分もあれば、仏教だけのオリジナルを盛り込んだ部分まで幅広いので一概には言えないところがあります。それでも原則的には神々は俗世間的な欲の少ない天上界に住んでいることと神の寿命が人間よりも遥かに長いことは概ね一致しているので、普通に考えれば人間よりも迷いが小さく頭も良いはずなので仏にも近いはずだと考えられますが、仏典に登場する神々の描写を見ると総じてあまり頭が良くないので、そこは仏典作家たちにもっと頑張って貰いたかったところです。天界も六道内ですから、悟れてる仏とはレベルが違いますよ幸福会員です。伝統仏教におけるところの評価は存じません。幸福内では、今年前半ころ、シヴァ神の霊言というのがありまして、相当、大きな役割をもっている方であることが判明しました。とすると、インドにおける宗教理解、過去いろいろと出されてきた思想はかなり高いものなのでは、という予想がつきます。そういう部分からすると、神を安易に、仏との比較で低いもの、とするのは、それはそれで間違いのもとになるような印象は受けます。精神性というか、業によって天に住むと言われています。天人神には寿命がありますし、楽に安住して仏になることができないので、死んで人界に生まれる必要があります。そういう意味では、不可能ではないが、遠い存在と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です