ベビー

漸近線の方程式 直線y=mx+kが漸近線?x→∞またはx

漸近線の方程式 直線y=mx+kが漸近線?x→∞またはx。漸近線の定義からx→∞またはx→。直線y=mx+kが漸近線?x→∞またはx→-∞のとき、y/x→m,(y-mx)→k
となるのは、なぜですか ヨッシーの八方掲示板。条件よりを+^ で割ったときの余りが ^ + +なので。その余りを+
^で割って。変形すれば^ + + = +^ – – つまり。数列の
極限でしたら。→∞ は暗黙の前提なので。省略することもあると思います。次。=, = 基本事項 指針 次曲線の方程式, 直線の方程式からを消去
して得られるの次方程式につい。 共有点 → 実数解 接点→ 重解 解答
°=+++を=+ °= に代入すると 整理して ?++°-= =
この次方程式の判別式こ 整理すると の直線と双曲線の漸近線と -&#;→
-のとき, =- の位置関係から, グラフを のは異なるつの実数解をもつ。

直線y=mx+kが漸近線?x→∞またはx→。漸近線の方程式。は x→±∞において = に限りなく近づきますが,高校では漸近線として
= を求める必要はありません。この例では, 縦この極限がなければ, → ∞
のとき漸近線なし。 の極限値が = ± のように初めから曲線が2つ
あるような場合は論外として 横の漸近線があれば斜めの漸近線はありません.
なお,空欄にはスペースを使わずに半角の「アルファベット小文字または数字」
だけを使用するものとします.→+∞+? = とおく
=

漸近線の定義からx→∞またはx→-∞の時y-mx+k→0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です