動画

無派閥でなぜ かつての自民党は派閥争いが盛んなイメージだ

無派閥でなぜ かつての自民党は派閥争いが盛んなイメージだ。企業もそうですが、組織というのは権力構造に段々と捉われてしまい、いつの間にかYesマンばかりになってしまいますよね。かつての自民党は派閥争いが盛んなイメージだったのですが、なぜ安倍一強と言われたり、麻生や二階に何も物を言えない議員ばかりの政党になってしまったのでしょうか 無派閥でなぜ。「安倍一強」と言われた政治状況にあっても。老練な政治手腕を見せる二階に。
安倍も一目置いていた。政権が変わっても党運営の要の幹事長ポストを維持し。
影響力を示したい。二階派の思惑がにじみ出てい安倍政権を牛耳る「二人の妖怪」~二階幹事長と菅官房長官の「力。ギラギラとしたその顔に刻まれた皺の一本一本が。くぐってきた修羅場の数を
物語っている。本当に石原派との合流に動いたり。無派閥議員への勧誘を盛ん
にやったり。二階さんには今どき珍しい『派閥のボス』公に姿を見せるときは
もっぱらいつもの会見場で。無表情を装っているため。それ以外のイメージが
わかないという国民も出ること自体。菅さんの影響力が。もはや余人の及ばぬ
領域に達していることの証拠でしょう」前出?自民党関係者時間; 時間;
週間; 月間

「論功行賞」安定重視。自民党役員人事で菅義偉総裁は二階俊博幹事長の続投を決めた。論功行賞」
安定重視 強まる二階氏の影響力 自民党新役員人事官邸主導の政策決定に
ほころびが出る中。党運営の実権を握る二階氏の影響力が強まるのは確実で。「
政高党低」と言われた構図に変化が起きそうだ。党総裁任期を期年に延長
する党則改正も主導し。「安倍強」を支えてきた。なりふり構わぬのが二階
派だ」ベテラン議員と「お手盛り」の党運営に冷ややかな視線も集まる。「キングメーカー」二階俊博幹事長の失せた神通力。不可侵に見えたキングメーカーの神通力はなぜ落ち始めたのか。ご存じのよう
に二階氏は。安倍晋三前首相の辞任表明を受けた昨秋の自民党総裁選で。官房
長官だった菅氏をいち早く支持して一気に流れを作った。「そんな恩人の両
被告は自民党を離党したものの。国会議員は辞職せず。今も二階派に「特別会員
」として所属している。違いと言えば。二階氏はかつて小沢一郎氏と行動を共
にして自民党を離党し。その後。年。自民党に復党したことだ。

企業もそうですが、組織というのは権力構造に段々と捉われてしまい、いつの間にかYesマンばかりになってしまいますよね。そうなると組織というのは腐って行き、自浄作用を失って、間違いを認める事が出来なくなり、嘘をついたり、不正を平気でやらかしたり、言い訳ばかりするようになったり、権力を傘に着てやりたい放題する様になるんですよね。そうなるともう組織としては末期です。長らく続いた徳川の時代が崩壊した様に、自民党時代も終焉の時を迎えている。国民は薄々気付いているでしょう。菅さんには敗戦処理投手として、自民党の解体処理をしっかりと担って貰いましょう。今でも、やってるじゃん。昔程じゃないけど、まあ小泉さんが派閥の論理をぶち壊すっつって、派手にしたからじゃね?そこから、派閥を前面に出しにくくなっただけっしょ。二階さんと経団連との繋がりからではないのでしょうか?経済界は親中ですよね?もう自民党に期待するのがアホらしくなりました。個人的には3人の中では岸田さんだと思っていました。香港の国安法にいち早く声を上げて習近平の国賓中止を要請していましたし、経済政策ではアベノミクスで行き渡らなかった層への富の配分を提案していました。自民党には、西村さん、小野寺さん、佐藤さん、etc.いい人は他にもたくさんいるのに、二階さんの息のかかった人ばかりで日本を捨てた経済界に忖度するような政権で日本が良くなるはずがありません。選挙制度が変わったからですかつて田中角栄は選挙区の定員プラス1の数だけ派閥が存在するという原理を指摘していました現在は小選挙区制度ですから参議院がなければ派閥はほぼ存在価値が無いはずです小選挙区制度で力をもっているのは派閥ではなく首相であり幹事長ですから族議員や派閥領袖は完全に力を失いました。政治改革はそれが狙いですから、成功したことになります。現在の自民党派閥は一生懸命それっぽい風情を出しているだけでまるで無意味な集団です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です