CharmGirls

疑問詞+do などthink以降のthat節中の要素がW

疑問詞+do などthink以降のthat節中の要素がW。疑問詞が主語でない場合にはthatを入れることが可能です。英文法が得意な方に伺います What do you think a patient need most during hard times など、think以降のthat節中の要素がWhatとなる疑問文に置いて、接続詞thatを補うと非文になるでしょうか What do you think that a patient need ? のような形です 可能であれば、このような内容が記載されてい書籍などもご教示いただけますと幸いです 接続詞のthatと関係代名詞のthat。われる節。このつの種類の品詞に悩まされている人もいるのではない
でしょうか。今回は接続詞””と関係代名詞””について。その違いや使い方を
例文でご説明していきます。くるでしょう。 まず「接続詞」というのは。簡単
に言えば文と文や節と節などをつなぐ役割をする品詞のことです。後述します
が。関係代名詞“”の場合は。“”の後の文章は目的語など文法上必要となる
構成要素が欠けており。単独では成り立たない文章になっています。

疑問詞+do。だと思いますが。間接疑問文であれば。 のは不要ではないでしょうか。
1.名詞節において 目的語節 動詞に目的語節が続くとき ,
のいう疑問詞連鎖 。すなわち「疑問詞
++ など+節」の構造のときを知る」の意味になるときは。
疑問詞+ またはそれを節にしたものに限られるようです。that節での。冠詞のつけ忘れや。前置詞のイメージ。 と の違いなど。日本人が英語
を学ぶ際に障壁となる事柄について解説しています。 が関係代名詞や
接続詞として使われるとき。省略する場合としない場合にはある程度の法則が
あります。ただし。英語では長い主語は嫌われるので。節の代わりに形式
主語の をおいて節を後ろにまわすのが一般的です。主節の動詞が日常
会話でよく使う。。。。 などの場合には省略されることが多い
です。

英語のthat節とは。彼が正しいことを私は知っているのような文において。 の箇所を
指す。 節は英語学習で必ずぶつかる壁のつである。英語を勉強している
あなたは。次のような疑問を持っていないだろうか? 節は名詞節を導く
接続詞; 節の使い方 – 目的語主語補語とはのに該当する部分で
あり。単純化して言えば。主語を説明する要素である。主語が。述語動詞
が。 以下が節として文の目的語になるのである。

疑問詞が主語でない場合にはthatを入れることが可能です。こちらの過去の質問をご覧ください。非文でしょう。通例 do you think の挿入という考え方です。need — needsWhat do you think that the article is about?↑ウィズダム英和辞典のthatの項目に載ってる例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です