動画

社会保険料 満額補償されてるのはありがたい事なのですがも

社会保険料 満額補償されてるのはありがたい事なのですがも。1、本来は労働義務のある日就業日を会社の都合で急遽、休業日に変えることがあります。会社の有給についての質問です
僕はミキサー車の仕事についていました
先日退職の意思を伝えた所拒否されたので退職代行サービスを使用して退職届を出しました
僕はその会社を2月20日 に入社して、会社からは三ヶ月後の5月20日に有給を付与すると言われました
半年後じゃないの とは疑問には思いましたが、そこは言いませんでした
ですがコロナの影響もあって4月に会社側から家族が37 5度以上の熱があったら会社に出勤しないで下さいと指示があり
嫁が熱が出たので会社側に連絡をし、出勤はさせてもらえませんでした
その時会社側は満額給料は補償するって言ってくれました
休業した期間は7日です

そこから6月にトラックの車検で会社都合で出勤しませんでした
ここでの休業は2日です

自己都合で有給使用した日数は3日です

そして家庭の事情で退職をする事になったのですが、
会社側はさんざん欠勤しておいて有給なんてある訳ないだろ
と言われました
もちろん欠勤などした事はありません

その有給を付与される4月の7日間と車検の時の2日を会社側が勝手に有給扱いしています
これって違法なのではないでしょうか

満額補償されてるのはありがたい事なのですが、もし会社側から給料の過払い請求してきたら払わなくてはいけないのでしょうか

退職時の有給はないと言われたら使用できないのでしょうか 「6割しか請求できない」は嘘。問 感染拡大防止のため。働いていたレジャー施設が週間近く休園になって
しまい。会社から「休業する期間の給料は支払えない」と言われました。どう
したらいいでしょうか? 労働基準法条には。「使用者の責に帰すべき

給与過払いの返金について。このような場合。従業員に対し年間の過払い金の返金を求めることに法的な制限
等はありますでしょうか。ご相談の件ですが。支給義務のない金銭になります
ので当然ながら返還請求は可能になります。但し。法律上賃金全額払いの原則
があることから。会社側の判断のみで一方的に給与から控除するといった方法は
認められませんので注意賃金からの控除は。賃金は全額払いが原則とされて
いるので労働基準法24条1項本文。できないのが原則です。社会保険料。当社としては。過払い分を返還してもらいたいと考えていますが。可能でしょ
うか? 回答 労働者の過失によって生じた過払いですので。労働者には請求権
が無く。不当に利益を得ていたこととなるその場合。どのように計算したら
良いのでしょうか?ただ。この借入の保証料なのですが借入をしていた際。
毎年保証料が口座より引き落としされており。経費から雇用保険
料率が引き下がったことを知らず。従業員の給与?月の雇用保険料を

労基旬報「相談室」賃金に関する相談。この度。退職する者が変形期間中。労働時間が長い時期のみ働き短い時期に働い
ていないと。残業代を請求してきました。出勤していないのですから。年休
手当から通勤費や住宅手当を差し引いても構わないでしょうか。高い年収を
約束したものの能力不足で年収が途中で下がったら。年収要件を満たさなくなっ
ても残業代は払わなくてよいのでしょうか。月日ということで。祝日が
増えることはありがたいことですが。時間外単価が変更になるのは面倒くさい気
もします。給与の過誤払いがあった場合。本人に返還を求めたところ。「会社の責任において算定。支給されたもので。
いったん支払いを受けた以上。返す義務は〔1〕返還請求の可否 賃金が
過払いされた場合には。使用者から過払いを受けた本人に対する不当利得返還
請求権が生じます。使用者に対する賃金請求権退職金請求権を除くの消滅
時効期間は2年です労働基準法115条が。使用者から〔2〕賃金からの
控除の可否 では。返還させずに。今後支払う賃金から控除することは認められる
でしょうか。

新着記事一覧。司法書士による過払い請求。債務整理の実況中継の全記事中ページ目-
件の新着記事一覧ページです。したとしても。長いこと頑張って払って
いくことになります」「何もしなければなら。何も進展ありません。とにかく
やってみましょう」ようやく。さんの先日。アイフルとの過払い金本人訴訟
で。見事満額を返還させた依頼者の方から お礼状を頂いた。途中何度か完済し
ていても。この基本契約書が返還されなかったことが。取引の一連性を物語って
いる。お寄せいただいたご意見。歳女性/正社員 ひとり親です。年から給付奨学金が低所得者にも拡充され
た事が決まったのを知った時。息子は大学年時でしたので。なぜ。住宅
ローンが控除されるのに。苦しい中から必死で払っている奨学金の返還は控除
されないのでしょうか。会社にも市母子家庭で収入が多すぎると手当てが
なくなる為にも内緒にしてる為。これといって何も給付金を求めてません。
一方非課税世帯の学費免除。給付型奨学金もらえるからアルバイトもしなくて
いいようです。

きちんと給料明細見てますか。会社から過払いの給料を請求された!ですが。給与計算をする人も人間
ですから。ミスもあるのではないでしょうか。給料が過払いされていたことを
会社が発見した場合。会社は過払いした給料を。従業員に返還請求できるもの
なのでしょうさらに。この年に宝くじ千万円が当たり。給料と同じ口座に
入金されていたので。給料の過払いに気付くことなく。員は自分の責任では
ないのに過払いされてしまった給料の返還請求に応じなければいけないのかを
みていきましょう。弁護士が回答「過払い。給与担当者のミスにより過払いがあった場合。返還しなければいけないのでしょ
うか。先日。通帳を記帳したら。解約しているはずの駐車場の料金が3年間
万引き落とされ続けていることに気づきました。以前働いていた職場での
ことなのですが入社して少したった頃直属の上司が昇給を事務所に掛け合って
くれ給料が上がったの知人が。年前に就職した会社から。会社側のミスで
年間でおよそ万円の過払いをしていたと言われ。返金するよう命じられてい
ます。

ソフトバンク。会社としては。その者から過払い分を返金してもらいたいのですが。それは 可能
ことが可能な場合。その者の給与から相殺することは 問題ありませんでしょ
うか。MYソフトバンクで請求額を見ると。主回線分しか載っていない様なの
ですフラットプランを外したら。円の解除料を払わなければなりません

1、本来は労働義務のある日就業日を会社の都合で急遽、休業日に変えることがあります。新型コロナウィルスによる今日のきびしい経済情勢下においては、生産調整に伴い人件費を抑えるための手法として、会社から休業命令がだされることがあります。2、このような経営難からくる休業の場合でも、法律は「使用者」である会社に責任を課しています。つまり、労働者を休業させる場合には、休業手当として平均賃金の60%を保証しなければなりません。労働基準法26条経営者にとっては、とてもつらいところです。 3、では、仮に労働者が「どうせ休むのなら、60%が保証される休業手当よりも、給料が100%支払われる方がいい」と考え、有給休暇を請求してきたら、会社はこれを認める必要があるのでしょうか。結論から言えば、会社の休業命令が、労働者の有給休暇の請求より先に出されていれば、労働者の請求を拒否できます。有給休暇はもともと「労働義務があること」を前提に、それを免除するものです。ですから、労働義務がない日休日には、有給休暇をとりたくてもとれないのです。とすれば、会社が先に休業命令を出して休業日が確定している場合、その日にはもはや免除の対象となる労働義務がないことになります。つまり、労働義務のない日会社都合の休業日に有給休暇は取得できないのです。4、一方で、労働者が当日休業になることを予知しないときに有給休暇を請求してあった場合は、この請求を会社は認めなくてはいけません。会社は休業を理由に有給休暇の請求を拒むことはできないのです。5、ここからは、めったにないと思いますが、仮に経営者が「これまでは仕事が忙しく、なかなか有給休暇を労働者にとってもらえなかった。これもいい機会だから、請求してきた労働者には有給休暇を取得してもらおう」と考え、休業命令の後に、労働者が請求してきた有給休暇を認めることは差し支えないとされています。もちろん、このように労働者の希望によって有給休暇を認めた場合、その日は100%の賃金が支払われるわけですから、これとは別に60%の休業手当を支払う必要は当然ありません。ミキサー車のドライバー兼作業者でしょうか。この職種で正社員というのは珍しいですね。いい会社だと思います。通常は日雇社員として扱われています。支払ってくれると言ったのは、年休取得時の賃金なのか、コロナによる休業手当としてなのかどちらでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です