CharmGirls

管理会計過去問 より正確にするのであれば予定配賦額ではな

管理会計過去問 より正確にするのであれば予定配賦額ではな。原価計算は正確な原価を計算する目的の他にも原価管理利益管理などに役立つデータでないといけません。工業簿記2級に関して

製造原価報告書に関してなのですが
疑問があります

当月製造費用は仕掛品勘定の直接材料費?直接労務費?製造間接費から導き出すと思うのですが、この製造間接費 はなぜ予定配賦の数字を使って当月製造費用を算出するのでしょうか
より正確にするのであれば予定配賦額ではなく実際の費用を用いて、配賦差異も加えた金額を使って当月製造費用の実態を計算すべきではと思い質問させてもらいました

かなりわかりにくく、うまく説明できているかわからないのですが、ご回答少しでももらえれば幸いです よろしくお願い致します 工業簿記?原価計算の基礎その②。今回は。「個別原価計算」と「総合原価計算」の初歩的なイメージをお伝えし
ながら。「なぜ製造間接費勘定を経由するのか」を考えていきたいと思います。
直接労務費の実際賃率は,円/時間であり。当月の実際直接作業時間は
次のとおりである。そこで。直接作業時間のような何らかの基準を用いて製造
指図書ごとにかかったものとする金額を計算していきます。 ここでは直接
作業時間を配賦基準としていますので。次のような計算となります。

材料費買入部品費。前章で製造原価は材料費。労務費。経費のつからなり。またそれぞれ製造直接費
と製造間接費に分類することが購入するということですが。工業簿記ではただ
単に購入をするにしても。いくつかポイントがあるので確認していきましょう
なぜ予定配賦率を使って材料副費を求めるのかというと。材料の購入をしたとき
は金額が判明しないものがあり。実際月末に材料副費の実際発生額を集計し。
予定配賦額と実際発生額の差額を求め。差額分は材料副費差異勘定に振り替え
ます管理会計過去問。直接賃金等であって,作業時間又は作業量の測定を行う労務費は,実際の作業
時間又は作業量に賃率を乗じて計算する。正常原価は,経済状態の安定して
いる場合に,たな卸資産価額の算定および予算編成のために用いられる。 ×
このとき,間接費の予定配賦率の計算において,当該製造部門の予定間接費額中
に,仕損費の予定額を算入する。当月の生産量が前月より増加しても,前月と
当月の販売価格,販売量および製品単位当たり変動費が同一ならば,前月と当月
の直接原価

原価計算。直接費は製造工程の初期段階で判明しますから。これに上で計算した間接費を
加えてその月の原価を算定します。 間接費を予定配賦している場合は。帳簿類の
締切り後に実際の発生額で計算した原価と比較し153回日商簿記1級?詳細解説工業簿記編。計算だけではなく。理論的な背景についても正確な知識をもっているかどうか
までを問う点で良問だったと思います。以前回よりも前は。単に計算が
できて金額を算定できればでした。ただ。今回は。いつもに比べて計算量が
かなり少なくミスをやらかす可能性も低かったので。まあ。目をつぶりましょう
。内部材料副費予定配賦額購入代価の%と引取費用とを加えて計算し。
引取費用は,個までは,円。,個以上は,円」

原価計算は正確な原価を計算する目的の他にも原価管理利益管理などに役立つデータでないといけません。なので、原価の正確性、厳密性よりも犠牲にしてでも経営に役立つ数値を出すと言う側面があります。まず、製造間接費には期間費用が多く、実際発生額が月末に判明するまで期中完成の製品の原価が計算できないと言う欠点があります。 ここで、月末に差異を調整すれば良いと思われるかも知れませんが製造間接費には固定費が多く含まれるのです。 なのでこれを実際配賦差異調整してしまうと需要の季節的変動によって生産数の低い閑散月にはベラボウに高い原価、生産数の多い繁忙月にはめちゃめちゃ安い原価になっています。これは年単位で見ると、経営するのに不向きな原価で閑散期には高くて売れず、繁忙期には安く売っても閑散月の損失はカバーできない。カバーする値付けをするためには、結局閑散月をフォローする分を加えた値段にしないといけないし月ごとの原価を比較して、効率の良さを比べるなんてことも出来ない。非効率分が季節的変動に埋没するなので年間ベースで見ると、原価管理にあんまり役に立たない原価なのです。そこで、年間の予算ベースで、予定配賦した金額で計算しつつ、発生した固定費の差異は季節的需要の増減として繰り越し相殺していきます。これで場当たり的な原価より、年間通して見ると利益管理上は有用な、安定した扱いやすい原価になるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です