アイドル

英語で頑張ってねをDo って課題的にあまり良くないと思う

英語で頑張ってねをDo って課題的にあまり良くないと思う。芸術科目じゃないけど、先生の出した論文の課題に対して「問題文の意味不明」と書いて出した人が見事に落第してました。映像における影の効果について考えよ って課題的にあまり良くないと思うんですけどう思いますか 英語で「頑張ってね」を「Do。と言っている人をたくさん見かけますが。英語ではちょっと違和感がある表現
なのでこのフレーズは出来る仕事場などでよく耳にするフレーズですが。上司
が部下に褒め言葉として「その調子で頑張れ」を意味します。新しい国に
慣れるのは大変だと思うけど。諦めないで頑張って。「 」や「&#; 」
を組み合わせて使うのも一般的です。但し。かなり特定された状況でこのよう
なニュアンスを持ちますのでそこまで気にすることではないと思います

芸術科目じゃないけど、先生の出した論文の課題に対して「問題文の意味不明」と書いて出した人が見事に落第してました。なぜその課題が出るのか、課題に反発してないで、真摯に取り組んでみましょう。え、影めっちゃ重要やん。それだけでいくらでも語れるくらいには重要でしょ。影を語るということは光を語るとも言える。もっと言えば、何を見せて何を見せないのかの選択が、人の心を打つと言ってもいい。ホラー映画なんかが1番強烈に影の効果を使うけど、恋愛にしろSFにしろ、陰影は鑑賞者の心に迫るリアリティを作り出す上でとても重要。現代だとCGが発展してるから、恐ろしいクリーチャーや幽霊、SFの都市など、驚くべきビジュアルを作り出せる。でもそれらは鮮明すぎるが故に陳腐だったりリアリティが無かったりする。そういう現実にはないものに息遣いやリアリティを与えるには、何らかの方法によって”見せない”という方法が効果的だ。そういう時には、影が大活躍する。ホラー映画とかパニック映画とか一度見てみるといいよ。影は画面に映っていて、明確に視聴者の心理に作用していながら、視聴者は光や光に照らされている部分に比べると、影を認識していないことが多い。そうした影の存在を意識させるという意味では、悪くない課題のように思えます。そんなの当然じゃないかという人には物足りないかもしれませんね。光と影をうまく使った作品を取り上げてどの辺がうまいのか、効果的なのかを論じなさい論文っぽく語れという意味なのかと思います。映像作品は詳しくないのでそれ以上はわかりません。 題に「於ける」とか使っちゃうと、もっともらしくなるのにわかりにくい場合が多いので禁止する教師もいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です