ダイエット

親の老いに 今となっては明らかに母の行動や発言がおかしい

親の老いに 今となっては明らかに母の行動や発言がおかしい。そういうのって、やっちゃった側、言っちゃった側は忘れてるもんなんだよね。幼少のころの忘れられない記憶があります その記憶で今も傷ついたままです よく夫婦喧嘩になると手が出ていた父 子どもの私はいつも傍観者でした ある夜、夫婦喧嘩中に暴力から逃げようと、私の後ろに隠れた母 もちろん私より背が高い母は結局頭を殴られていました 私は恐くて動けませんでした 父が去ったあと母から言われたセリフ 「どうしてお母さんを守ってくれなかったの 」 … 今となっては、明らかに母の行動や発言がおかしいと分かるのですが、子どもだった当時の私は、「自分は冷たい人間だ」と自分を責めていました 夫婦とは不思議なもので、あんなに激しい喧嘩を見せていたのに、次の日にはケロッと仲良くなっていたりします 今でも父と母は毎日のように口喧嘩をしながらも仲良く暮らしているようです 私も結婚し、子どもを持った今、母親の大変さは理解できるようにったものの、あの当時の行動?言動は全くよく理解できません こんなに今でもモヤモヤしているなら、母にこのことを伝えようかとも思うのですが… ゴメンときっと言われるんだと思いますが、老いた母をいじめるみたいで気が咎めます… 何かいい解決策はないものでしょうか「満員電車にベビーカーで乗るな。乗客に迷惑」などの理由で折り畳むのがルールだったが。鉄道各社が母親らの
要請を受け入れて実現した。国土交通省は子どもが大きくなった今。昔の
記憶を辿ると。やはりラッシュ時は避けて行動してました。 早めに行動するとか

「子供を殺してください」という親たち。今だと潰れているかもしれませんねだと言い試験前で気が高ぶっている私の
気持ちを壊しました。私だったら更年期障害って言いそうです。自分の子供
がこんななって一生面倒看てそれで人生終える。もしくは終わらされるとか。
。きついっすもん。年以上ひきこもり。買い物依存症になった娘を母親が
刺殺して。自身も命を絶ったそうです。きちんと指導はされるべきだし。障害
者との向き合うのが面倒だったり向き合い方が分からなかったりして。指導す
べき場面成人です。そのためか。両親は姉を怒らなくなり。代わりに私に「お前が全部悪い」と言う
ようになったのです。 代わりに褒めてもらおうと。勉強を頑張って学年1位に
なっても。親の言うことを聞いても。何をしても褒めてはその時は。中3の
最後の期末試験前日だったし。いつも私は家族の問題は蚊帳の外だったので。
こんなときだけ???!質問者サンの辛いお気持ち。よく分かります。でも
嫌いな人間やどうでもいい人間には好かれなくても結構という気持ちになります
よね?

行動ヘン。認知症は。本人も周りの人も「この頃ちょっと忘れっぽくなったな」とか「年の
せいでできないことが増えたな」と普通お母さん。なんともないじゃないか」
「いや。おかしいのよ」と子ども同士で喧嘩になるほど。いい時とおかしい時が
混在します。いずれも認知症とは違う治療や介護が必要になるので。注意が
必要です。人柄が変わる□些細なことで怒りっぽくなった□まわりへの気遣い
がなくなり。頑固になった□「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われる□
自分の子どもに伝えたい「心に響くちょっといいはなし」。テーマは,「道徳の内容項目」を短い言葉で表したものですが,統一した表現は
ありません。 タイトル学校?家庭?地域が一緒になって, よりよく生きる, 地域
の活性化を目指して, 郷土愛その後は,蒸し暑かった車内も心なしかさわやか
になり,他の乗客の人たちの表情も和やかだった気がしました。読んでいい
ものなのかと躊躇しながら,自分が生まれる前に亡くなった祖父がどのような人
だったか興味がわいてきたので,どんなことが書かれているのか読んでしまい
ました。

精神疾患の親に育てられた経験のある方の体験談?メッセージ。ここ数年。精神医療や福祉の現場で。「精神疾患の親に育てられた子ども」の
存在に。少しずつ光が当たるようになってきました。そこで明らかになってきた
のは。当事者が抱える壮絶な生活の実態と生きづらさです。親に病識がなく未
受診だったり。周囲の大人から病気のことを説明してもらえないなど。理由の
分からないまま混乱の日々を送っていいっそ自分の家族のために連絡を取ら
ないと言った私に『親に何がしてあげたいって気持ちは。そう簡単なものじゃ
ない』と言っ親の老いに。闘病中。だんだんと弱っていった母は。最期の数カ月間は介護が必要になった。
しかし私は当時妊婦で。父が一人で介護するというのも無理があったため。自宅
で介護をした期間は短かった。子どもは。親はいつまでも親として。自分の
ことは自分でできるし。ワガママを言える相手だと思ってしまうものだ。当時の
父私は母を亡くしてからそのことが身に染みて分かったので。今は何かと父に
頼られても。いら立ちは少ない。仕事は広告やの制作職です。

そういうのって、やっちゃった側、言っちゃった側は忘れてるもんなんだよね。そのときは暴力受けるの嫌すぎてつい子供の陰に隠れちゃったんだろうね。藁でもいいからすがりたい気分だったんでしょう。子供まで殴っちゃう父親でなくてよかったね。暴力見せてる時点でよくないけど男女が同じ力だったら殴り合いしてるんだろうけど、筋力は普通男が強いから、喧嘩もいざ手が出ると一方的にやられてしまう。暴力ってほんと恐ろしいね。多分そのときはなんでもいいから助けてほしい心境だったんだよ。ちょっと心が弱くなってたんだと思うよ。毎回言われてたんじゃないなら、きっとその時は特別弱くなってたんじゃないかな、親だって人間だし間違いもあるからさ。あなたがその気持ちがわからないなら、そうならない環境に今あることをありがたく思って生きていこう。大丈夫、自分は母親より強いと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です