ベビー

遺産相続とは すごく乱暴な言い方をすれば実の母親を殺され

遺産相続とは すごく乱暴な言い方をすれば実の母親を殺され。なかなかスパッと割り切れる問題ではないと思いますが、やはり貴方にも非があると思った方が良いように思いました。父(養父)から離縁請求をされ裁判中です かなり長文です 母と父が35年以上前に連れ子同士で再婚し、養子縁組をしました 8年前に養父の運転で交通事故があり助手席に乗っていた母が亡くなりました 当時は養父も重傷でしたし私も運転をするので、いつかどこかで自分も事故を起こすかもしれないと思い養父を責めず「運命なんだから仕方ないよ」と言葉をかけました お通夜、葬式など主催の経験がなかったので兄夫婦、私夫婦で何とか済ませました 養父は短期間で退院しましたが傷の痛みやショックで落ち込んでいました 元々養父は飲酒量が多く、母が亡くなってから49日までの毎週のお坊さんにお経をあげてもらう法事があっても49日法要もお酒は止められずお経中もうたた寝していました 現実の辛さから飲酒に逃げてしまう気持ちはわかっていたつもりだったので、だんだん身なりが不潔になってきても食が細くなっても飲酒していても何も言いませんでした 49日から1週間以上経った日に母の誕生日があり、お参りに実家を訪れて仏壇を見て驚愕しました 49日法要で仕様したお膳は渇き切り、たくさんの方々からいただいたお花は枯れ放題、居間と仏間を結ぶ扉は寒いからと締め切りのままで線香を焚いた様子もお水をあげた様子も無かったからです いくらショックで落ち込んでいても何もする気が起きなくても、故意でないにしろ自分の不注意で亡くなってしまったのに供養を何もしてもらえない母が不憫で「もうこの家には来ない」と言って私は位牌を持って帰りました 母の遺骨やお墓は母の生前の希望により母方のお墓に入れています この希望は養父も兄も知らなかった事だったので養父や兄夫婦に「母の希望だったから」と言い私が進行しました 「もう来ない」と言ったが養父の母が亡くなり葬儀の下準備から参加葬儀も参列、母の初盆にも実家を訪れている 母の死亡から1年後に養父の交通事故の裁判日が決まり養父の弁護士から嘆願書をお願いされましたが私の納得出来る内容ではなかったので陳述書を提出し、禁固1年執行猶予3年の判決が下りました 養父には連絡していませんでしたが、養父の様子を週1で見に行っていた養父と同じ市内に住む兄夫婦には連絡していましたが交通事故の裁判の頃から無視され音信不通でした 実家は私の知らない間に無くなってしまい、母の形見等は何もない状態です 養父の裁判、母の遺産相続が終わってから5年が経過し、養父から養子離縁の調停を申し立てられ不成立に終わり現在裁判中です 養父側の意見としては妻も母も亡くして弱ってるのに心配しなかった 縁を切るつもりで酷い言動(もう実家に来ないと言った、聴取で養父と関わりたくない、実刑が妥当と言った)をしたんだろ 母の眠る墓関係の事を私しか知らなかったので私が一方的に勝手にやったと思われている 兄夫婦から見ても私の行動は酷すぎる 養父は穏やかに過ごしているので速やかに離縁に応じて欲しいって陳述書で言われています 私の意見は養父の事は49日までは仕方ないと思っていたが自分の不注意で亡くなったのに死後2ヶ月経った仏壇関係を1度も何もしていない事にキレた (兄夫婦に)無視されてたのに(養父の)様子を1度も見に来なかったとか言われている 私の様子を伺わなかったのに養父の心配しなかったから親子関係破綻してるとかいわれてる 実家を処分する時に一言欲しかった すごく乱暴な言い方をすれば実の母親を殺されて遺産相続(任意保険なので千万単位)終わってシカトしてたら5年経ったから子供の頃の話持ち出したり母の法要後の態度がキツすぎるから形見やらんし離縁して欲しいんだけどとか納得いかないです 私だって立ち直れないぐらい泣いて過ごしたのにそのフォローもしないで私がキレた原因は養父にあるのに態度悪いから縁切るわって酷くないですか 長くなりましたが、全内容ではないですが読んでみてここがおかしい、間違っている、裁判はどうなるか、など離縁請求が却下されても別に私にメリットないんですけど中立な立場の第3者の意見が聞きたいです 不動産相続の手続きと費用。実家の建物や土地など。不動産の相続の際には。名義変更をはじめさまざまな
手続きが発生します。相続税の計算は遺産総額の算出から; 親が亡くなっ
たら。葬儀や生命保険の請求手続き。携帯電話や公共料金などの解約や名義変更
など。さまざまなこと遺言書の確認と同時に。どのような財産が遺されている
のか遺産の確認を行います。なお。遺産の一部を使ってしまったり。換金して
しまったりした場合。相続放棄はできなくなるので注意が必要です。

遺産相続とは。遺産相続をするときには。トラブルが起こりがちなので。事前に準備をしておく
必要があります。また。相続の対象財産や。相続の手続きの流れを知ってお
かないと。スムーズに相続することができません。遺産相続がうまくいかない
と。大きなトラブルが起こる; 遺産相続でわからないことがあったら弁護士に相談
しよう!反対に。相続されると思われているけれども。実は相続財産に
ならない財産や権利もあります。実は再婚すれば自動的に法律上の親子相続手続きに期限はあるのか/預貯金?不動産?自動車?税金の期限。しかし。期限がないからといって相続手続きをしないと当然デメリットが
あります。書を提出します。そして遺産分割協議は相続人全員の合意及び遺産
分割協議書への全員の実印での捺印が必要になります。つまり。時間が経過
すれば。それだけ相続関係が複雑になり。手続き書類の作成。取得が困難になり
ます。相続税であれば数百万円から数千万円を準備しておく必要があります
ので。決して長い期限とは言えません。相続した実家の名義を母親と子供の
どちらにすべきか

特集:日本とアメリカの相続手続き?相続税。タブー視して対策を打っていないと。いざという時に親族間でしこりを残し。
無用な時間や費用もかかりかねません。こうして遺産分割協議書がすんなり
まとまるか。公正証書遺言が執行されれば。アメリカの相続人または代理人は。
所定の例外として。両者とも年を超えて日本国外に住んでいる場合。日本
からの課税は日本国内の財産に限られます。ほか。相続人がその万円を
使い。アメリカで。ある貯蓄型終身保険を契約すれば。そのお金を将来。相続税
の支払いにも

なかなかスパッと割り切れる問題ではないと思いますが、やはり貴方にも非があると思った方が良いように思いました。例えば夫婦の浮気関連で似た現象が起こることがあります。仮に夫が浮気をしたとして、気づいた妻は当然相手を責める権利のようなものがあります。だけど毎日毎日責めることが続くと、まるで人殺しでもしたかのような扱いになっていき、挙句浮気した側がブチ切れて離婚の方向に舵を切るというものです。法的には妻側の言い分が正しいことは証明されるでしょうが、だからといって健全な夫婦生活が営めないことが明確なら、やがて離婚が認められるというものです。法理と心理は必ずしも一致しないというようなこと、あるいは逆に深い部分では一致しているゆえなのかもしれません。基本的に大切な母親を唐突に失うことで平静を保てる人はほとんどおられないでしょう。それは貴方も義父さんも同じことだったのだと思います。そこで義父さんはより一層お酒に逃げざるを得ない心境に陥ったのでしょうが、貴方は貴方で、義父さんを責めることに、逃げこんだような印象を覚えました。義父さんを責めた部分は仕方がなかったことだと思います。それ以前から溜まっていた鬱憤がまとめて噴出してしまった印象。抑えることは不可能に近いことだったかもしれません。だけど位牌や遺骨のことに関しては、やはり暴走といって過言ではなく、義父さんやお兄さんらに対して追い討ちを掛けてしまったような印象です。例えば納骨の希望などが書かれた遺言書があったとしても、そういったものが何通も出てくる場合もあるので、確証が得られるまでは行動には移せないものではないでしょうか。複雑な家庭事情ではあるものの、彼らにとってもまた妻であり母親だったことを蔑ろにしてしまったのではないでしょうか。さらに決定的なのは、事故の嘆願書のことでしょう。弁護士からの提案でもあるように、本来は事故から時間が経っていることもあり、家族であることもあり、穏便にことを済ます予定で皆考えていたのだと思います。だけど事故の風化を恐れた貴方はプラスに働く申し出を断り、あろうことか厳罰を求めるような方向に舵を切ったのだと思います。心情を鑑みれば自然なことかもしれません。だけど本人ならいざ知らず、嫡子であるお兄さんの逆鱗に触れた恐れがあると思いました。貴方が母を想う気持ちがあるように、彼もまた父を想う気持ちがあったのでしょう。実家のことの経緯は分かりませんが、元々お母さんが買った物件だったのでしょうか?元々の持分がお母さんの物なら遺産相続の時に話題になるでしょうし、そうでないのだとしたら、事故の処理にお金が必要だったり、思い出を払拭するために処分されたのかもしれません。結局あらゆる部分でケチをつけ、暴れ回るような状態だったのが今の問題を招いた原因のように思いました。貴方が義父に母親を奪われたと思うように、彼らもまた母親を奪われたと思っているのだと思います。母という接続部分を失い、非難の声は緩めず、それでも彼らと関係性を切らない貴方のことを金目当てと思われても仕方がないように思います。真の問題は、それこそ実の親子と同じような、弔いに関するわだかまりや愛情要求行動なのだと思いますが、元々の関係性や荒れ野のようなこの状況で理解を引き出そうとするのはなかなか難しいと思いますよ。全部認め、全部諦め、本心を伝え、頭を下げて、終わりだけでも綺麗に終わらせられた方が宜しいように私は思いました。最後に人の死に関することで、弔い方の形式の違いについて書かせて頂きます。これはあらゆる人間関係に言えることですが、礼儀を重んじるゆえに人との距離感を大切にする方がいます。それとは反対に、親密だからこそ距離を気にせずに垣根なしの関係を大切にする方がいます。前者は儀礼を大切にして、毎日欠かさずお供物を用意するようなタイプです。そして後者は儀礼は端に寄せておいて、泣いて泣いてただ泣いて、それこそ後追いするくらいに心で哀悼の想いを表現するタイプです。人によっては悲しみのあまり、一夜で髪が白髪に変わったみたいな話もあるほどです。酒に溺れるのも一つの形かもしれません。どちらが良いかではなく、風習や想い方の違いがあるのみです。かつて望まぬ事故が家族を襲ったように、今回もまた小さい事故の積み重ねが家族を引き裂く形になってしまっているだけではないでしょうか。金はあの世へは持っていけないし、難しいですが才覚一つでどうとでもなるものです。ここは「皆の想い」を重視すべき時ではないでしょうか。それがお母さんの本当の供養になるのかもしれません。ご参考までにm_ _m現実問題として、あなたは養父を父親として愛情ありますか?元々連子なら、好きで親子になった訳ではないでしようね。遺産相続目当てでないなら、キッパリ縁を切りましょう。母親がいない今、愛情を持たないなら、血の繋がりが無い人を、将来面倒見る気があるのでしょうか?ごねる理由は有りませんよ。相手はあなたに、相続財産を渡す気が無いから、縁を切りたいと言っているのだから、縁が切れなければ、義父は違う方法で対応すると思いますよ。そこまで対立していて離縁を拒むのもよくわかりませんが、養父に大きな財産があれば、「遺産で取り返す!」という作戦もあるんですかね。まぁ色々あると思いますが、基本的にアナタの実父もないし、母が亡くなった今は単なる母が愛した「男」です。適当な時期で縁切りすべきです。法要、49日??それだけ落ち込んだのは解りますが、もう大人でしょう?なら最低限の事はすべきです。生前の母の意向であれば、骨の埋葬は指示通りで問題ありません。ここまで来たら事務的に縁組解消をすれば良いだけだと思います。逆にそこまで嫌悪感を持っている養父の養子縁組解消を頑なに受け入れない理由って何なのです?特に何もおかしい個所はありませんが、 母親の骨を夫婦ではなく自分の親に納骨したのかなと思います。旦那さんは夫婦なのだから同じ墓に入るものと思っていたのだと思う。黙って納骨してしまったのは怒らせてしまった原因だと思います。 いくらだらしがないと言っても同じ屋根の下で生活していた夫婦の権利みたいなものなのかもしれません。 仲直りするには夫婦のお墓か旦那さんのお墓に入れるべきかなと思います。そうですね。質問者さんは自分の価値観での行動が早急すぎると思いますね。なぜ離縁に応じないのでしょうか。もう義父とは赤の他人でしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です