ペット

52.明治維新 戊辰戦争の時に旧幕府が甲冑を着て新政府と

52.明治維新 戊辰戦争の時に旧幕府が甲冑を着て新政府と。もう甲冑は着てないぞなぜか、政府軍のみ最新兵器って思われてるが一概には言えない鳥羽伏見でも幕府のほうが最新式銃を持っていたし本来であれば完勝できた戦いだその後も、最新兵器は政府軍でも一部だし奥羽列藩も最新式を持っていた部隊もある結果的に政府が勝ったからってさも勝てないみたいな見方はやめたほうがいい白河戦で会津が勝ってたら、その後の展開は全く違ったものになっただろうこの負け戦は兵器ではなく、あくまで西郷頼母の作戦ミスだ当時の鉄砲隊はそこまで殺傷力の高い銃ばかりで編成されていたわけではないし、そもそも量産規格技術が発展途上の為同じタイプの銃でも性能はピンキリです。戊辰戦争の時に旧幕府が甲冑を着て新政府と戦ってますがあからさまに新政府軍の最新鋭の重火器と戦法では防げないと思うのに何故にそれで戦ったのでしょうか ラストサムライたちの明治戦史。せいぜい戦力を残した状態で。まだ戦えるのに降伏する程度の裏切りにとどまる
でしょう。洋式化に成功し。大きな力を持つ地方の中小国。薩摩と長州が主導
となって幕府軍と戦闘を行います。旧幕府軍にはフランスが肩入れをし。新
政府軍にはイギリスが肩入れをしました。戊辰戦争において幕府軍を叩きのめ
した新政府軍は日本を武力統一し。藩を解体して中小国の連合体という封建時代
の旧上野戦争。鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍を破った新政府軍は。山陽?山陰?四国?九州の西国
を平定後。東海道?東山道?北陸道の三方からこの変わり身の早い対応こそ
聡明で明敏なものの胆力が無いと言われる慶喜の人間を表していると思います。
そしてこの上野戦争で新政府軍と戦った彰義隊もまた。勝が新政府軍に対する
交渉の手駒として温存した戦力でした。佐賀藩砲兵隊の持つアームストロング
砲は当時最新鋭でしたが。そのアームストロング砲を持ってしても不忍池を
越える事は

近現代明治時代?。これに対して強く反発した旧幕府軍が京都近くの鳥羽?伏見で新政府軍と武力
衝突して,戊辰戦争が始まりました。 新政府軍は鳥羽?伏見の戦いに勝利し,
続いて江戸に攻め進みました。そして江戸を占領し,用語集。新政府軍と旧幕府軍との間でおこった戊辰戦争では。佐賀藩が所持していた
アームストロング砲などの最新装備が。新政府軍を勝利に導きました。ここで
学んだ佐賀藩士の中からは。幕末の遣米使節の参加者。明治初期の海軍の指導者
などを輩出しています。代藩主鍋島治茂が。 藩の政治を行う人たちを育てる
ために建てた佐賀藩の藩校です。代藩主鍋島直正のときに。北堀端現在の徴
古館付近52.明治維新。戊辰戦争 年1月の鳥羽?伏見の戦い,4月の江戸城の無血開城,9月の
会津の戦いを経て翌年5月の箱館の五稜郭の戦い箱館戦争で終わった,
新政府軍官軍と旧幕府軍の戦いを何というか。 奥羽越列藩同盟 新政府軍に
対抗

戊辰戦争は?近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍?ではなかった。文久の軍制改革については。「徳川近代」の意義を見極めるためにも。もっと
評価すべきですし。もっと掘り下げて考えなければならないと思います。 ――
薩長が「先込め」のミニエー銃やスナイドル銃を導入し。使用したこと

もう甲冑は着てないぞなぜか、政府軍のみ最新兵器って思われてるが一概には言えない鳥羽伏見でも幕府のほうが最新式銃を持っていたし本来であれば完勝できた戦いだその後も、最新兵器は政府軍でも一部だし奥羽列藩も最新式を持っていた部隊もある結果的に政府が勝ったからってさも勝てないみたいな見方はやめたほうがいい白河戦で会津が勝ってたら、その後の展開は全く違ったものになっただろうこの負け戦は兵器ではなく、あくまで西郷頼母の作戦ミスだ当時の鉄砲隊はそこまで殺傷力の高い銃ばかりで編成されていたわけではないし、そもそも量産規格技術が発展途上の為同じタイプの銃でも性能はピンキリです。そもそも火薬や弾丸の質すら振れ幅が大きいのですから大砲も幕末期には榴弾や散弾のような、砲弾の直撃で敵を倒すのではなく破裂した断片で多数の兵士を殺傷する砲弾が野戦の主力になっていたので、家に甲冑があるような武士なら着けて戦いに臨むことはさほど的外れとは言えません。軍服だけだと10発当たって8割は致命傷になるところが、甲冑ありで当たり所次第で5割くらいに抑えられるなら装備する意義はあるでしょう。当時の幕末改造された胴や兜には重要個所に鉄とかも使われてますから「防げない」というほど無力なものでもありませんまして着用しているのが指揮官とかであれば、最前線でなくとも流れ弾を防いだり遠距離砲弾での負傷率を抑えられることは前線の兵士がつけるよりも意義があります。多少動きにくくとも生き永らえて指示が出せれば戦闘は維持できますからね当時最新鋭の兵器は幕府が一番持って居ました。兵士は洋式に代わっています。殿さんだけが戦争時の正装である、鎧兜に身を包んだだけです。徳川慶喜は早くから洋装にしたので、大奥出入り禁止になったと言われます。逸話です。偉いさんが、洋装なら会わないと手紙出しています。全部がそうだったわけではないですよ。会津でも西洋式の銃の購入に力を入れてました。長州征伐で甲冑は防御どころか却って銃創を悪化させるとしてその場で脱ぎ捨てた兵士もいたほどです。予算の都合で最新式の銃までは入手できなかったとしても戊辰戦争の時点で甲冑を着てたのはあんまりいなかったんじゃないでしょうか。もちろん、長州征伐や鳥羽?伏見を経験しなかった藩の中には初期のころは甲冑の兵士もいたかもしれませんがそれも実戦を経ていく中で廃れていったでしょう。だって防御力がゼロに等しいならただ重たいだけですからね。そもそも火縄銃にすら耐えられないんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です